主な機能紹介

                                                              17/09/28 更新

多品種小ロット生産を行いたいが・・・
 短納期生産を実現したいが・・・

  在庫を削減したいが・・・
   ハイブリッド生産を行いたいが・・・
 

 出荷実績 1869
 出荷本数
13203
              17/09/28現在
 (OEM出荷分及び小物オプションを除く)

    中国やベトナムで利用したいが・・・
      原価を把握したが・・・
 

Cloud(クラウド)運用
Amazon EC2)を
ご検討の方はこちら

    多品種・小ロット・短納期・海外進出でお悩みなら!


                 

 

                                                           

               資料請求はこちら     ご購入のご相談

Point 1

 得意先のニーズに対応できる!変化に対応できる !生産体制を構築します

 近年、受注形態は小ロット・多品種・短納期の上、厳しい価格競争となっており、効率良く低価格で供給できる生産体制の確立が
 迫られています。

 TPiCS-Xは得意先のニーズに対応しながらサプライヤーへ負担を軽減し、安定的な供給体制を構築します。たとえ受注計画が変動し
 ても、できるだけ変化を吸収し生産全体への影響を最小限するような計画を作成します。
 
 計画変動を吸収するために、独自のMRPロジック「-MRP」をはじめ、製番管理のメリットを生かしながら柔軟性を持たせた
「製番管理オプション」や
-MRP 」と「製番管理オプション」を合わせたハイブリット生産など、お客様の手配方式にあわせ
 てご利用頂けるシステムとなっています。
 また、設計情報を効率よく生産管理システムに取り込む為の「CAD変換オプション」、産業機械分野 ・プラント
関連での個別
 受注のマスター作成から手配を容易にする「一品生産オプション」、現場の方の作業効率を改善する「着手信号機オプション」、
 生産状況・ボトルネックなどをビジュアルに把握・分析を行うことができる「生産管理ダッシュボード」など、計画担当者の方の
 他
、現場の担当者の方、管理部門の方まで幅広くご利用頂けます。
 
TPiCS-Xは、「速く、安く、レスポンス良く。しかし安定した生産」を実現します。
 
 

Point 2

パッケージソフトや自社開発のシステムとの親和性も重視しています

 TPiCS-Xは会計パッケージソフトとの連携や販売管理システムとの連携が行えるようにできています。国内の対応パッケージをご利
 用の場合には、指定書式でのCSVファイルの書き出しも簡単に設定できます。また、販売管理システムとの連携もテーブル情報の
 公開や連携項目の設定も簡単に行えるようにできています。
 受注データを利用し所要量計算を行うなど、お客様の環境に合わせてご利用頂けます。

Point 3

国内・海外の幅広い業種でご利用頂いております  (導入実績1869社)17/09/28現在

 TPiCS-Xは、MRP・製番管理・ハイブリット・個別生産を幅広くカバーしています。
 導入実績も
1869のお客様にご導入頂き、業種を問わず幅広くご利用頂いております。

 ● 自動車・電気・精密機械などの組立関連の製造業

 ●金属加工・プラスチック成型などの材料加工型の製造業

 ●食品・医薬品・化学関連などプロセス系の製造業

 ●産業機械・プラントなど個別受注形態の製造業
 

 ●適用可能な 主な業種

    輸送用機械器具     自動車/自動車部品/鉄道/エレベータ/航空機
    精密機械器具       光学機械/医療用機械器具/ 計器/測定器/分析機器/試験機   
    電気機械器具       通信機器/電子機器/通信機器/電子部品
    一般機械器具       金属加工機械/ボイラー/原動機/一般産業用機械/民生機械器具・繊維機械
    金属製品           金属プレス/金属加工/暖房装置・配管工事用付属品製造業/ 建設機械
    非鉄金属           非鉄金属/同合金圧延業/非鉄金属鋳物/電線/ケーブル
    鉄鋼業             精鋼/精鋼圧延業/鍛鋼/鍛工品/鋳鋼品/銑鉄鋳物
    ゴム製品           ゴムベルト/ゴムホース/ゴム製品/ タイヤ
    プラスチック製品   プラスチック/工業用プラスチック製品
    化学工業           油脂加工製品/石鹸/合成洗剤/界面活性剤/塗料製造業/ 化粧品/医薬品
    印刷業             印刷業/製版業/製本業/印刷加工業
    紙/パルプ         紙/パルプ/加工紙/紙製品/紙製容器
    家具/装備品       家具/宗教用具/建具/オフィス家具
    木材/木製品       製材業/木工品/建築用組立材料/木製容器
    飲料              清涼飲料/酒類//コーヒー/
    食料品             食品加工/調味料/
製穀/製粉業/パン/菓子製造業/動植物油脂/水産加工
    飼料               飼料/有機肥料

Point 4

国内でも海外でもご利用頂けます 。 (海外導入実績200社以上)

 TPiCS-Xは英語版、中国語 版(簡体字版・繁体字版)、ベトナム語版をご用意しておりますので、海外でも安心してご利用頂けます。
 海外での導入実績も200社以上の実績があり、多くの企業様でご利用頂いております。
 ご要望により現地のシステム会社様のご紹介や連携なども行っています。

Point 5

保守サービスも3タイプをご用意し、ご希望の保守サービスを提供します

 保守も、お電話やE-mailでのヘルプデスクサポートやリモート回線を利用しサポートを行う保守サービスなど、お客様のご希望に
 合わせてご利用頂けます。

 ●年間スタンダード保守サービス

  年間プログラム保守サービス

  ●年間あんしん保守サービス

保守サービスはこちら

                                                                                                                          

 

                                                                                                                                                                このページのTOPへ
 

  TPiCS-Xの主な機能

各機能のご紹介
      f-MRP所要量計算    製番管理オプション  一品生産オプション
      自動平準化オプション   CADデータ変換オプション  着手信号機オプション
      戦略型納期調整オプション    受注・販売管理オプション  製造履歴管理オプション  
      品質管理オプション    内部統制オプション  トランザクション集中処理オプション

製品価格 及び 動作環境
      製品価格表    動作環境                                                                    
                                                                                                                                                                このページのTOPへ

-MRP所要量計算 


TPiCS-Xの中核になる機能です。
ある程度の繰り返し性があることを前提に、「速く、安く、レスポンス良く。しかし安定した生産」を実現するための機能です。

@      TPiCS-Xは必要に応じ「バッファ」を設定することができます。
そのバッファを利用することにより、客先のニーズの変化を発注済みの計画に影響を及ぼさずに(できる だけ小さく)計画を作れ、
“生産計画全体を かき回す”ことなく、客先のニーズに対応することができます。             

A      組立産業に代表される部品集約型の製造業は勿論ですが、材料を加工しその加工方法により複数の製品を作って行くような
材料中心の製造業にも適用できます。       

B      TPiCS-Xは、プロセス系と言われるような 食品・薬品など液体や粉体の製品や原材料を扱う製造業にもお使いいただけます。

C      内示データを利用して足の長い部品の手配をし、確定データで内示データを消しこみしながら登録できます。  

D      カンバン(電子カンバン)との共存も可能です。

E      客先に製品在庫を預けておいて、使用した分だけ補充するような管理体系にも対応できます。

F      見込み生産や、繰り返し性がある受注生産にも対応できます。   

G      毎日入る受注データから毎日所要量計算し、毎日伝票発行することもできます。あるいは週に1度、月に1度の発注を行う
こともできます。

H      「自動平準化」をしながら所要量計算をすることができます。 (オプション)  

 


                                                                                                機能一覧に戻る

自動平準化オプション 

f−MRPの機能では製造リード日数と納入リード日数による追上計算を行いますが、自動平準化オプションをご利用頂くと、
生産場所や設備の 負荷を考慮し、山崩しや均等に日程を割り付けます。

また、パー割生産では在庫引き当てや、リード日数のさかのぼり計算の後、週毎、アイテム毎に均等生産する計画を作ります。
少量生産のアイテムはできるだけ週の初めに計画が立つような計画を作ることもできます。


                                                                                                  機能一覧に戻る

CADデータ変換オプション(特許取得)

CADデータ変換オプションをご利用頂くと、CADより構成情報をCSVファイルに出力し、TPiCS-Xに読み込むことができます。
生産用の部品構成に変更する場合はドラッグ&ドロップで構成を変更する事ができます。
また、支給品などの構成追加も簡単に追加することができます。
繰り返し生産の場合には、変更部品の開始日を設定することにより、手配の変更時期を設定できます。
 

 

CADデータ変換オプションは、 設計変更などで新しい図面が出図されると変更箇所を色でお知らせしますので、もれなく迅速に
変更箇所 を反映させることができます。
また、すでにTPiCS-Xに取り込んだ構成が設計変更になった場合でも、新たな構成を読み込むと、読み込む前の構成に変更箇所を
自動で反映します。構成変更を再び行う必要は発生しません。従い、構成変更による作業を 最小限にすることができます。

 


                                                                                                  機能一覧に戻る

製番管理オプション

 TPiCS-Xの製番管理は、従来型の製番手配方式に加え、f-MRPのメリットを生かした「f−Seiban」など4種類の製番手配
 方式があります。

f-Seiban 変化に強い製番管理 (製番管理区分1)
            生産計画機能自身は所要量計算に依存します。計算された計画に対し、インプットした製番の計画はどれにあたるかを紐
            付けします。生産計画は所要量計算により計算されるので、製番紐付けをしながらも「変化に強い仕組み」を実現するこ
            とができます。製品の計画は、受注販売管理オプションの受注データから所要量計算の中で算出させるか、あるいは、製
            品の生産計画を直接インプットして計算させます。

b-Seiban 従来型の製番管理 (製番管理区分2)
            製品の最終工程と、大物ユニットの工程を製番管理区分「b-Seiban」の設定にし、共通性のある部品は製番管理区分
            「f-Seiban」あるいは「f-MRP」にします。「b-Seiban」のデータは製番展開すると、伝票データが作成されます 。
           
また、所要量計算の起点になり、必要部品を計算することができます。
            f-MRP部品を事前手配した場合は、すでに 手配(発注された)されたものを引当てます。
            また、在庫を引当てることもできます。下位の部品を製番管理区分「f-Seiban」にすると、必要数の計算はf-MRPで行い
            ますが、製番の紐がつくので原価の集計や生産状況の把握は製番単位に行うことができます。 

j-Seiban ATO(Assemble to Order) (製番管理区分3)※受注販売管理オプションが必要
            社内の最終工程(例えば出荷準備作業)だけは、お客様の受注注番と同じ番号で管理をするが、繰り返し性が強いのでロ
            ットまとめをしながら生産する、つまり構成の頭だけは受注注番と同じ注番で管理し中の生産は生産側独自の注番で管理
            します。この特徴から、例えば中間ユニットまでは見込みで生産し、顧客から注文があったときに顧客の仕様に合わせて
            最終組立の指示をするATO (Assemble ToOrder)の生産方式を実現できます。

s-Seiban 先行手配製番アイテム  (製番管理区分4)
            先行手配製番、あるいは仕込製番と呼ばれる製番管理です。仕込製番を使用して先行手配します。先行手配製番のアイテ
            ムを製番展開すると、生産計画表に書込まれると共に伝票データも作成されます。
           
後日、製品の正規の製番を登録して製番展開すると、先行手配製番が正規の製番に自動的に振替えられ(製番振替され)ます。
 

製番管理オプションをご利用頂くと、ガントチャートによりビジュアルに管理することができます。

                                                                                                 機能一覧に戻る

一品生産オプション(製番管理OPが必要です) 

産業機械分野、プラント、工事関連など、お客様の仕様が都度違う場合は、一品生産管理オプションをご利用頂けます。
一品生産オプションは
「一回限りの生産」の生産を前提にしていますので、予めマスター類を登録することなく、プロジェクト
計画を作成するだけで、生産手配を行うことが可能になります。

【主な入力方法】
@CAD変換データから登録する方法
Aパターンデータ(定形登録データから)繰り返し登録する方法
B過去の手配データから登録し、違っているところだけを手直しする方法
Cフォームから直接インプットする方法
D既存のマスターからドラッグ&ドロップする方法
E
 テキストデータを読込む方法


                                                                                                  機能一覧に戻る

戦略型納期調整オプション

サプライヤーとの間をE-mail環境を利用して簡易EDIを実現します。
E-mail
環境と言っても
Outlookなどメールソフトは使用しません ので、あたかもEDI回線で行っているように感じます。
サプライヤーからの納期回答が指定納期と違う場合に変更箇所を色で識別できます。
さらに、f−MRPの運用では納期変更により生産計画に問題が生じる箇所を「ジャーナル」警告します。
製番管理運用ではガントチャートと連動し、ガントチャート上で 納期遅延など影響が生じる箇所を警告します。
どちらの運用でも納期変更の影響を迅速に把握する事ができます。


                                                                                                  機能一覧に戻る

着手信号機オプション

現場の作業効率を考えながら実績も登録できます。
現場担当者はTPiCS-Xの作業信号機オプションを見ながら、担当オーダーを本日の作業予定、 遅れ、明日以降の作業を確認しながら
進める事ができます。
前工程が終了すると赤から青表示に変わり、着手が可能になった事をお知らせします。 また、前工程へ「急いでください!」などの
依頼を行うこともでき、作業現場同士のコミュニケーションと実績登録が行える便利な機能です。




                                                                                                  機能一覧に戻る

製造履歴管理オプション

製造履歴原簿データを作成し、履歴データを表示(トレース)します。
原材料・部品の購入から製造、倉庫間の移動、製品出荷までの履歴管理を行う事ができます。 ロット別の在庫管理、ロット別原価
管理の他、使用期限日を設定すると、期限切れ在庫の管理を行うことができます。
期限切れ品の廃棄や期限切れ在庫を所要量計算から除外する事もできます

@ロット トレーシング機能
    ・出荷した製品に、どのロットの原材料が使用されたか特定します。
    ・指定したロットの原材料は、どの製品に使用され、どこに出荷されたか をトレースします。

A原材料管理機能
    ・ロットによって原材料の品質が微妙に異なるとき、どのロットの原材料を使用して生産するかを指定します。

Bロット別在庫管理機能
    ・ロット別に使用済数量、在庫残数を管理することができます。
    ・ロット別に使用期限(賞味期限など)を管理することができます。

Cロット別原価管理機能
    ・
ロット別の原価を把握することができます。
                                                                                                 機能一覧に戻る

品質管理オプション

検査必須アイテムの検査実績管理を行う事ができます。
医薬品分野、医療器械器具分野、食料品分野などGMP準拠の管理が必要とされる場合にもご利用頂けます。

検査対象データを自動生成する方法と製造部門の実績登録により検査対象データを生成する方法の2種類があります。

@ユーザーがデータ項目を自由に追加できる機能

A伝票デザインやフォーム明細部を自由に変更できる機能

この2つの機能を使い、任意の検査項目を追加した検査伝票を発行し検査伝票のレイアウトのまま検査実績をインプットできる
ように工夫したのが
品質管理オプションです。

GMPに準拠した品質記録を管理するための管理項目をユーザーが自由に追加できます。
画面レイアウトや出力帳票も自由にカスタマイズ可能です。

                                                                                                  機能一覧に戻る

内部統制オプション

J-SOXに伴う、権限登録と承認を行う事が できます。

@      特定の権限を持つ人だけが内部統制に関する設定を行う事ができます。

A      承認により伝票データの登録、印刷、CSV出力などができきます。

B   各テーブルの項目の追加・訂正・抹消を行った際のログ情報を書出します。
                                                                                               機能一覧に戻る

受注・販売管理オプション 

得意先からの受注を登録し、生産計画にシームレスにリンクできます。製品計画データや製番計画データを自動生成できるので、
生産計画や製番計画データのインプットを省略できます。
確定受注も内示も同様に登録でき、確定受注は内示を消しこんで登録することができます。
出荷指示書を発行、出荷実績登録、製品在庫管理などの出荷管理や請求書発行から売掛台帳、請求書、入金管理(個別消し込み)
まで行えます。

                                                                                                  機能一覧に戻る

トランザクション集中処理オプション

TPiCSXを多くのクライアント台数で使用する場合のトランザクション処理の待ち時間を 軽減する事ができます。
また、他社システムとの連携時に安全にテーブル更新を行う事ができます

                                    

                                                                                                  機能一覧に戻る
                                                                                                                                                                このページのTOPへ

 製 品 価 格

 

価 格 表

 

オプション製品 価格表

TPiCS-X Ver.3.2
ベーシックシステム

日本語版 1,050,000   戦略型納期調整オプション 525,000
中国語 簡体字版 1,260,000 受注販売管理オプション 525,000
中国語 繁体字版 1,260,000 製番管理オプション 525,000
英語版 1,260,000 一品生産オプション(製番管理OPが必要です) 315,000
ベトナム語版 1,260,000 自動平準化オプション 315,000
製造履歴管理オプション 315,000
 詳細な価格表こちら 着手信号機オプション 315,000
CAD データ変換オプション 315,000
トランザクション集中処理オプション 315,000
内部統制オプション 315,000
      品質管理(シリアル番号管理)オプション 315,000
セット生産オプション 315,000
      差異分析オプション 315,000
納期回答オプション 315,000
Web サーバオプション 315,000
LAN 用稼働ライセンス 105,000

                                                                                                                                            このページのTOPへ

 TPiCS-Xの動作環境

 

動作環境

クライアント

Windows 7(64bit/32bit) 1

Windows Vista(64bit/32bit) 2
Windows XP(64bit/32bit)
Windows 2000 
Windows 2003 server ターミナルサービス
Windows 2008 server ターミナルサービス、RemoteApp
・ハードウェア(CPU、メモリ、ハードディスク)OSの推奨システム要件が必要です
・所要量計算するクライアントの場合、CPUとメモリは強力なものが望ましいです
・ハードディスク上にシステム領域が30MB程度必要です
・データベースに接続するためには、OracleクライアントツールあるいはPostgreSQL  ODBCドライバが必要です
データベース3 Microsoft SQL Server 2008R2 , 2008 , 2005 , 2000
ORACLE ORACLE 11g , 10gR2 , 10gR1 , 9iR2
PostgreSQL    弊社確認バージョン  8.3.3 , 8.2.3
1 Windows 7について
 お使いのデータベースが対応可能な環境であることが前提ですが、下記のデータベースでテストを行い、不具合は見つかっておりません。
SQL Server 2005 Express Edition
 インストールCDに含まれる評価用のデータベース は、インストール時に未対応のメッセージが出ますが、インストール可能で、評価使用できます。
Oracle11g クライアント ツール
 インストール時に未対応のメッセージが出ますが、インストール可能で、これを用いて動作確認いたしました。
2 Windows Vistaについて
 お使いのデータベースが対応可能な環境であることが前提ですが、下記のデータベースでテストを行い、不具合は見つかっておりません。
SQL Server 2005, 2000, MSDE2000 ・Oracle10gR2, 9iR2, R8.1.7 ・PostgreSQL
※3 Microsoft SQL Server あるいは Oracle をお持ちでない方のために、TPiCS-XのインストールCDには評価用データベース
  (SQL Server 2005Express Edition ,  MSDE2000)を同梱しています。各データベースの詳細は弊社ホームページをご覧下さい。

 

                                                                                                                                                                このページのTOPへ